佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
武雄の秋祭り「流鏑馬」
f0040201_13574838.jpg毎年10月23日の「武雄の秋祭」の見所は武雄神社の”流鏑馬”です。
遡ること鎌倉時代、源頼朝の名代で勅使が武雄を訪れた折に奉納されたのが始まりです。鎌倉時代の古式にならった武雄の流鏑馬は、勇壮にして華麗。ぜひご覧ください。
上がり馬・11:00~12:00
神   事・12:00~13:00
流 鏑 馬・13:30~15:00
下 り 馬・15:00~神社から温泉への行列

前夜は「エイトウ」という行事が行われます。これは、勅使の奉献品を武雄神社に届けた事を今に伝えます。宵の頃「エイトウ、エイトウ」と囃しながら、青竹を打ち鳴らし市中を回ってくると、いよいよ祭りの気配が漂います。
東洋館では例年、’くんち’の日の朝食は赤飯が出されます。

10月29日は山内町・黒髪神社でも流鏑馬が奉納されます。こちらも鎌倉時代、源鎮西為朝の大蛇退治に由来する行事です。
武雄神社までは、当館より徒歩10分。黒髪神社へは車15分。
by toyo-kan | 2006-09-30 13:52 | 武雄のこと
「鍋島」特別企画展
f0040201_21101318.jpg
江戸時代、佐賀・鍋島藩でつくられていた
「鍋島焼」は、卓越した美意識から生まれた
斬新なデザインが、今なお
見るものを魅了してやみません。
”焼き物の町”有田で、
見ごたえある2つの鍋島展が開催されます。
一方はデザイン性の視点から、
一方は時代の変遷と藩窯の歴史から、
それぞれ違った観点から
鍋島焼の魅力に迫ります。

有田を訪問の折には、’あわせ技’でじっくり見たい特別企画展です。

「 色鍋島の魅力  ―卓越したデザイン性を追って―」
日  時・平成18年9月21日~12月10日 9:30~16:30 月曜休館
観覧料・一般500円 高校生以下無料
場 所・今右衛門古陶磁美術館

「―日本磁器の最高峰―  将軍家への献上 鍋島
日 時・平成18年9月30日~11月12日 9:00~18:00 会期中無休
観覧料・大人620円 高校生以下無料
場 所・佐賀県立九州陶磁文化館
会期中には講演会、展示解説、記念茶会も行われます。
by toyo-kan | 2006-09-24 21:10 | 武雄周辺のこと
『ノスタルジー武雄 時巡り温泉祭』のお知らせ
f0040201_16504966.jpg
第4回目を迎える
『ノスタルジー武雄 時巡り温泉祭』
9月23日~11月26日開催されています。
武雄の味覚、自然、祭り、焼き物、歴史、健康
などなどを組み合わせた、31のプログラムを
ご用意いたしました。
ゆったりした時が流れる武雄の魅力を、
温泉とともにじんわりと満喫してください。

詳しい情報は、
「見た人だけ」のお得なプランもある公式サイト
www.takeo-kk.net/tokimeguri/ 
をご覧ください。
by toyo-kan | 2006-09-23 16:51 | 武雄のこと
武雄の新定番「ゆほほ」
武雄温泉水を100%使用したスプレータイプの化粧水が本日発売されました。
その名は「ゆほほ」。肌に柔らかな武雄の湯の温浴効果に微笑む「湯微笑」、湯上りにポッと赤らむ頬「湯頬」。2つの意味がこめられています。
ネーミング・デザイン画は、染色作家・緒方義彦さんによるもので、頬をほんのり染めた飛天の微笑みが描かれています。
むかしむかし、険しい岩山の麓に舞い降りる一羽の白鷺がいました。不思議に思った村人が行ってみると、そこには湯が沸き出でていて、白鷺は傷を癒していました。 
武雄温泉発見の一説とされている「白さぎ伝説」です。
f0040201_291963.jpg緒方義彦さんは、湯浴(ゆあみ)ですっかり傷の癒えた白鷺が、大空へ羽ばたいていく様を飛天(天女)になぞらえ、穏やかな笑みをたたえる飛天を描かれました。武雄温泉と「ゆほほ」が、多くの人に「湯浴の微笑と頬」をもたらしますように・・・

武雄温泉の泉質は「単純アルカリ泉」といって、さまざまな成分がバランスよく含まれている良泉です。無色透明、無味無臭、保湿・保温力に優れ、1300年前から老若男女に愛されてきた武雄の温泉水でつくられた「ゆほほ」は、防腐剤、保存剤を一切使用していない無添加製品です。
1本(80g)1000円。武雄市内の旅館やホテルで販売されます。
by toyo-kan | 2006-09-21 01:53 | 武雄のこと
窯元展のお知らせ
武雄市武内町に開窯されている浦郷好文さんの壮明窯では、「窯場展」が開催されます。武雄の窯元では比較的数少ない磁器を製作されています。花好きな浦郷さんらしく、磁器の肌に、シャープな線刻で変化をつけた草花が描かれているものが多いようですが、さてどのような作品が並ぶのでしょう。
日時・2006年9月23日(土)、24日(日)
場所・壮明窯TEL0954-27-3263  武雄温泉より車10分
f0040201_1412561.jpg
11月23日~26日は、
同じく武雄市武内町黒牟田の「民陶火まつり」と、
武雄市山内町乳待坊の「窯開き」が行われます。

作家の活動の場である窯元での作品展は、ギャラリーや展示会などのそれと違い、自然体で見ることができる気がします。きっと作家の方も、リラックスしてお迎え下さっているのでしょう。
くわえて窯元は、例外なく自然に恵まれたとてもいい所にあります。ぜひ一度お出かけになられてみてはいかがでしょうか。
by toyo-kan | 2006-09-17 01:42 | 武雄のこと
職人気質
当館売店で明治時代の器をお買い上げになれたお客様から、木箱に入れて欲しいとご要望がございました。武雄市武内にある大宅木箱さんに、サイズと様式を伝えお願いしたところ、翌日には、気持ちがいいくらい大きさもピッタリの、見事な桐の木箱が出来上がってきました。たとえ1つであっても注文に応え、希望のものをきっちり作る姿勢に、大量生産・使い捨て時代に忘れかけていた、日本本来のモノ作りの姿を見ました。
焼物も使っていくうちに欠損してしまいますが、数が少なくても追加製作してくれるところも多く、好きなものは補充しながら、ずっと大切に使うことができます。身近にある焼物産業とその関連産業が、永年培ってきた底力を誇らしく思います。
f0040201_1125999.jpg

ただ今、武雄市内ではテレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」(フジテレビ系、2007年1月放送予定)の撮影が行われています。俳優、スタッフの方々は何軒かの宿泊施設に分宿されています。当館も1人の役者の方がお泊りでしたが、撮影にでかけられるときの引き締まった表情や、身にまとう緊迫した空気は、仕事を終えられお戻りになった時の雰囲気とはまったく違うものでした。仕事に臨まれる集中度の高さと、プロ根性を垣間見ることができました。
職種は違っても、見事な「職人気質」を感じさせる人との出会いでした。
by toyo-kan | 2006-09-15 03:28 | 武雄のこと
時巡り温泉祭「料理と器と窯元めぐり」
武雄の焼物の歴史は古く、約400年前にさかのぼります。現在でも、多くの窯元が作陶活動を行っていますが、昔から様々な技法が用いられ、大胆な意匠のもの、素朴でおおらかなもの、李朝の影響を受けたもの、磁器や陶器など、窯元ごとの多様な個性を楽しむことができます。
時巡り温泉祭プログラム「料理と器と窯元めぐり」は、3ヶ所の窯元を訪れ、焼物はもちろん、作家や窯のある風景との出会いをお楽しみいただき、武雄の焼物に盛り付けたお料理をお召し上がりいただく企画です。12ヶ所の宿泊施設が、9月23日~11月2日までの水・木・土・日、4コースの窯元巡りを交替で受け持ちます。窯元は点在しているため、普段なかなか行きにくいものです。気軽に訪れることができるこのプログラムで、焼物の里の自然や人とのふれあいをお楽しみください。(詳細は、公式サイト完成まで今しばらくお待ちください)
f0040201_3531940.jpg

東洋館開催日/10月18日(水)、10月19日(木)
集 合/11時 東洋館
行 程/11:00出発~窯元めぐり(壮明窯・丸田正美窯・丸田宣政窯)~12:30頃帰館~
お食事~ご入浴(15:30頃まで)
料 金・お一人様 5000円  定 員・20名様
お申込・東洋館0954-22-2191  
by toyo-kan | 2006-09-13 23:58 | 武雄のこと
「時巡り」宿泊プラン
ノスタルジー武雄 時巡り温泉祭」とは、
さまざまな体験型プログラムをご用意し、武雄の秋の魅力を満喫していただこう!という企画です。ただ今、実行委員会では公式サイト、パンフレット作成中ですが、一足お先に東洋館の宿泊プランをお知らせいたします。
私どもが常々、大切にしたい!伝えたい!と思っている武雄のお気に入りの場所へご案内いたします。題して
「時を巡る」宿泊プラン~武雄に流れる悠久の時を感じて~
木に会う日」 毎週木曜日、樹齢三千年の大楠に出会う
土に会う日」 毎週土曜日、窯元めぐりで400年の歴史をもつ武雄の焼物の魅力に出会う
祭りに会う日①」 9月23日、武雄の荒踊り(国指定無形文化財)に出会う
祭りに会う日②」 10月23日、鎌倉時代より伝わる流鏑馬に出会う
f0040201_1344115.jpg

毎週水曜日、金曜日、9月22日、10月22日にご宿泊いただき、翌日ご案内いたします。
期間・9月23日~11月26日
時間・「木」と「土」は10時~12時、「祭り」は10時~15時30分頃帰館
参加費・無料 (但、荒踊り見学はお弁当代1000円)
ご宿泊料・一泊二食 15900円~

さらに特典!
期間中のご宿泊ご予約先着100名様に、地元の人がこっそり教える「武雄グルメマップ」と、おすすめ店で使える500円金券「ちょいマネー」をプレゼントいたします。感動との出会いのあとは、武雄の味覚に感動!ランチタイムやティータイムにぜひお使いください。
ご予約時に必ず「時巡りプラン」あるいは、「ちょいマネープラン」とお申し付けください。
公式サイトができましたらリンク先ご案内いたします。様々なプログラムがございますので、今しばらくお待ちください。
by toyo-kan | 2006-09-10 01:38 | 東洋館のこと