佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
武雄「三樹まいり」 の お知らせ

f0040201_1233127.jpg武雄は「大楠(おおぐす)の里」です。
樹齢3000年超、全国巨木第5位「川古(かわご)の大楠」、武雄神社のご神木でもある「武雄の大楠」もまた樹齢3000年、全国第7位。「塚崎(つかさき)の大楠」は落雷で上部が欠落していますが、樹齢2000年といわれ、堂々とした根周りに相当の姿であったことがうかがわれます。
11月3日、これら3本の楠木を歩く「武雄三樹(さんじゅ)まいり」が行われます。約12キロを歩くわけですが、途中、長崎街道やのどかな田園風景が、充分目を楽しませてくれます。そして、約3時間ほどかけて歩いた後には、「長寿食」が待っているのです。思わず力が入りますが、これが本当に、とてもおいしいのです。
もちろん3本の大楠は、筆舌に尽くしがたいほどすばらしく、自然の生命力に圧倒されます。
日 時・11月3日(金)  武雄市文化会館北(当館より徒歩8分)に9:00集合 
参加料・大人2000円、学生1000円 (定員25名)
お申込み先・TEL0954-26-2879 詳しい内容は 「武雄三樹まいり
by toyo-kan | 2006-10-31 01:25 | 武雄のこと
黒髪神社の流鏑馬
10月29日、武雄市山内町の黒髪神社にて流鏑馬(やぶさめ)が奉納されました。
f0040201_22382548.jpg
昔この辺りに大蛇が住みつき、村人たちはとても恐れていました。そこで藩主は源鎮西為朝に大蛇退治をたのみました。為朝は見事大蛇を退治し、村人はこれを祝い、お礼のため黒髪神社に流鏑馬を奉納しました。1165年、今から840年も前のことです。
23日に行われた武雄神社の流鏑馬が820年前ですから、どちらも本当にすばらしい伝統行事です。やはり歴史ある祭りはいい! 何といっても、祭りに集う人々の輝く笑顔がいい!
by toyo-kan | 2006-10-29 22:41 | 武雄のこと
ロングセラー「絹の靴下」
f0040201_2067.jpg当館売店のロングセラー商品のひとつ「絹の靴下」。これは、佐賀県江北町にあるイイダ靴下株式会社(本社・奈良県)の佐賀工場直送の靴下で、五本指になっているものと、普通の靴下のものがあります。絹は通気性にすぐれているため、足先が冷えずサラサラして気持ちがいいと、長時間靴を履いている方や、飛行機に乗る機会が多い方にもリピーターが多いようです。
さてこの靴下、実は某メーカーの健康関連商品として市販されていますが、東洋館ではオリジナルパッケージで販売しています。東洋館らしいシンプルな和紙のラベルは、お土産品としてもお求め頂けるよう考えたものです。本当にいい物だからこそ、気軽に、より多くの人に手にとっていただければと願い包装しています。
五本指、靴下とも1足840円。紳士(黒、グレー)、婦人(あかね、くちなし、生成)
by toyo-kan | 2006-10-29 02:08 | 東洋館のこと
武雄の秋まつり「流鏑馬」
f0040201_004461.jpg昨夜の雨がすっかりあがり、秋晴れの青空の下、武雄神社の流鏑馬が無事奉納されました。平日にもかかわらず多くの観客が見守る中、今年は念願の地元射手の騎乗が実現しました。またその中には小学5年生の男の子と、中学生の女の子もいて、大舞台で堂々の流鏑馬を披露しました。地域の人々の努力によって守りつづけてきた820年の歴史は、確実に次世代に引継がれていこうとしています。機会がありましたらぜひ一度、武雄の流鏑馬を見にきてください。
写真は小学5年生男児の流鏑馬。大人より小さめの馬を使用しましたが、驚くほどのスピードで瞬く間に駆け抜けて行きました。   (シャッターチャンスを何度逃したことか・・・!?)
by toyo-kan | 2006-10-24 00:07 | 武雄のこと
武雄の秋祭り「エイトウ」
10月23日の秋祭り前夜には、「エイトウ」という行事がおこなわれます。
これは1186年、源頼朝の勅使が武雄に下向した際、奉献の品を武雄神社に運んだ行事を今に伝えるものです。古くから武雄市甘久(あまぐ)地区がこの行事を行い、「エイトウ、エイトウ」と囃しながら青竹を打ち鳴らし家々を回ってくると、町中に翌日の祭りの気配が漂います。
f0040201_23592283.jpg
今日は夕方からあいにくの雨。「30年続けているけど、雨ははじめて。雪はあったけどね」と言われる人々の表情には、むしろ晴れ晴れとしたものがあり、伝統行事にたずさわることへの誇りを感じました。今年は9月から雨がほとんど降らず、日中は例年になく暑い日が続き、農作物にも影響がでていると聞きます。今日の雨は、秋祭りがもたらした、いわば恵みの雨。
これからは、一雨ごとに秋が深まってくることでしょう。明日の流鏑馬は、地元の射手さんが登場します。晴れわたる空の下、見事な流鏑馬が奉納されることを願っています。
流鏑馬奉納射 10月23日 14:00~15:00 武雄神社馬場(当館より徒歩10分)にて
by toyo-kan | 2006-10-23 00:03 | 武雄のこと
おすすめ料理「萩豆腐」
f0040201_22552827.jpg今の季節のおすすめの一品は、
萩豆腐」です。

自家製ならではの、
素材の持ち味を生かしたほのかな甘味と、
口あたりのまろやかさは絶妙です。
お料理通の方々にも、
ご好評いただいている一品です。
by toyo-kan | 2006-10-21 22:56 | お料理のこと
秋の有田陶磁器まつり
            焼き物の町・有田の「秋の陶磁器まつり」は、
    町中の各地区ごとに思い思いの’おもてなし’でお客様をお迎えいたします。
お気に入りの焼き物探しはもちろん、そのほかにも、おすすめのお楽しみがたくさんあります。
f0040201_3253058.jpg
まず「食」では、町内のお食事処での期間限定の有田郷土料理です。有田名物の
「ごどうふ」や「煮ごみ」など、有田でしか味わえない味覚を器とともにご賞味ください。
次に「見る」では、樹齢1000年、国天然記念物の泉山弁財天の大公孫樹の見事な黄葉です。有田は雑木林の多いところで、山々の紅葉も美しい頃です。
最後は、「町歩き」です。有田の魅力は、歩いてこそより深く知ることができると思います。
秋の1日、のんびり歩いて、焼き物をたくさん見て、思いっきり有田を満喫してください。
秋の有田陶磁器まつり 11月23日~27日    有田へは、武雄から車20分、JR18分
但、う~たん通り地区は、11月3日~5日     
詳しい情報は、有田観光協会 または 有田町商工課まで
by toyo-kan | 2006-10-15 03:31 | 武雄周辺のこと
重要文化財で”足湯”
f0040201_1355760.jpg武雄温泉新館建物(大正4年創建)は、国指定重要文化財です。この新館では期間限定で”足湯”を無料開放しています。大正時代の木造建築の技が冴える天井の湯気抜き、やわらかい白色のタイル、どうやって入っていたのか不思議に思える深い浴槽など、ノスタルジックな浴室は昔の「五銭湯」です。おしゃべりしながら、ただ足をつけているだけで、気分爽快、体ぽかぽか、武雄の温泉効果を十分満喫することができます。
日時・2006年9月23日~11月26日(火曜定休) 10:00~18:00
場所・武雄温泉 新館建物(当館より徒歩1分)  料金・無料(タオルはご持参ください) 
by toyo-kan | 2006-10-08 14:02 | 武雄のこと
秋の桜
f0040201_23461344.jpg
桜をいただきました。
9月の台風ですっかり葉が落ちてしまった桜が、その後の暖かさのため春が来たと思い、花をつけたのでは・・・
といわれています。
ご存知のとおり’秋桜’といえばコスモスですが、ただ今館内には、’秋桜’と並んで’秋の桜’が生けられている
不思議な光景があるのでした。

と、前回ここまで書きましたが、実はこれ「10月桜」というのだそうです。
’狂い咲き’ではないのだそうです。桜にも大変失礼をいたしました。
by toyo-kan | 2006-10-04 23:46 | 東洋館のこと