佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
夜桜 と 宵みこし
f0040201_1431044.jpg
f0040201_1434648.jpg夜の桜は、いっそう華やかです。

今日は春祭り前夜祭でした。小雨のなか、柄崎太鼓の響きとともに、有志による宵みこしが行われました。

武雄温泉は、昔は柄崎温泉ともいわれていました。神宮皇后が刀の柄の先で刺した岩の割れ目より温泉が湧き出たという伝説に由来するものです。
神宮皇后を奉る柄崎神社の春祭りにぴったりあわせて満開を迎えた桜山の桜が、祭りに華をそえています。
by toyo-kan | 2007-03-31 22:51 | 武雄のこと
気がつけば満開
f0040201_19152297.jpg
東洋館の前の桜山の桜が満開です。
ここ数日は気にかけて見ていたのですが、一気に満開になりました。
湯上りのお客様も、ぶらり散策の人も、待合のタクシーの運転手さんも、みんな立ち止まって見上げています。





f0040201_1916755.jpg


温泉。これほど日本人にとって心誘われる響きはないかもしれません。
朱塗りの楼門は、さながら桃源郷の入口のように見えます。
by toyo-kan | 2007-03-29 19:27 | 武雄のこと
武雄の歴史本
f0040201_15461354.jpg新・ふるさと歴史散歩 武雄』 が発刊されました。
武雄歴史研究会のメンバーによる新誌の編纂は、史実にできるだけ忠実であることを基本に、従来の解釈に近年になって解明した新説や新発見も加わり、より充実した内容になっています。またカラー写真がたくさん掲載されているので、大変わかりやすくなりました。武雄に限らず、歴史的な史跡はどこも、完全な形で残っているものは数少ないのですが、知識と想像力をもって見ることで、見えてくるものは大きく違ってきます。この本を読んで興味ある場所を散策すると、一味も二味も深~く武雄を知ることができると思います。 一冊 1500円
お問合先
    武雄市文化会議TEL0954-23-5166
by toyo-kan | 2007-03-26 15:48 | 武雄のこと
桜の見頃予想 改訂版
先日、早々に武雄の桜の満開予想をしていましたが、さてその結果はいかに?
予定日の20日、いそいそと見に行ってみると・・・
f0040201_1355489.jpg
ははは・・・・・完敗でした。
先週は全国的に寒が戻り、東京は時季はずれの初雪が降ったそうですが、ここ武雄でも寒い日が続きました。ようやく昨日あたりから日中 暖かくなってきていますが、まだまだ蕾は全体的に固め。今週末頃には開花し始め、来週末頃から見頃を迎えるのではないでしょうか?!
f0040201_14312527.jpg
東洋館の しだれ桜 は、今日一斉に花開きました。今年の暖冬に”地球温暖化”をひしひしと実感し、脅威すら感じました。桜の花の例年どおりの開花に、少々ホッとしています。
by toyo-kan | 2007-03-22 14:32 | 武雄のこと
陶磁器で「お花見」
有田町の今右衛門古陶磁美術館の企画展は、
毎回新鮮な切り口で鍋島・古伊万里に親しむことができ楽しみにしています。
日ごとに陽光もやわらぐ春、まさに今の気分にふさわしい特別展が開催されます。
この美しいポスターとタイトルには、グラッときました。f0040201_1135174.jpg
~桜、梅、桃 三つの春を集めて~ 
鍋島・古伊万里 三春(MIHARU)展

   
新年最初に咲く花「梅」、日本人が大好きな花「桜」、雛の節句の花「桃」。陶磁器に描かれた三つの春の美でお花見ができるのは、さすが有田といえましょう。陶器市期間も開館していますので、ぜひお出かけください。

日時・平成19年3月15日~5月13日 
    9:30~16:30 月曜休館(4月30日は開館)
場所・有田赤絵町今右衛門古陶磁美術館
    武雄から有田へは、車20分、JR20分
観覧・大人500円、高中小学生は無料
by toyo-kan | 2007-03-15 00:01 | 武雄周辺のこと
武雄「三樹まいり」 の お知らせ
武雄がほこる自然遺産・樹齢3千年の大楠2本と、樹齢2千年の楠木1本を歩く
武雄三樹まいりが今年もおこなわれます。
f0040201_0154487.jpg
約12Kmの道中は、今年1月放映されたテレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」のメインロケ地(ばあちゃんの家と、野菜が流れてくる’スーパーマーケット’の川)の淀姫神社や、江戸時代の長崎街道、唐津往還などの風景が目を楽しませてくれます。
そして、そして、歩いた後のお楽しみは、なんと言っても長寿食です。お料理担当の方が、食材、調理方法、とり合わせを考えて作る心のこもった数々のお料理は、感動モノです。
生命力あふれる樹木との出会い、ウォーキングの爽快感、絶品のお食事・・・楽しみ方はそれぞれですが、なかなかほかではできない経験だと思いますよ。
日 時・3月21日(祝・水) 武雄市文化会館9時集合  ※小雨決行
参加費・大人2500円、学生1000円、小学生未満無料  
連絡先・TEL0954-26-2879 山田さんまで   ※定員25名、要事前申込み
by toyo-kan | 2007-03-13 00:23 | 武雄のこと
桜 の見頃予想
今年は全国的に暖冬気味だったこともあり、の開花が早まるとの見通しがテレビなどでも報じられています。
そこで大胆にも、東洋館フロントチームが、武雄の桜の見頃を予想してみました。
f0040201_1982878.jpg
ずばり今年の満開は、3月20日~25日
写真は昨年の円応寺参道・桜のトンネル(当館より徒歩10分)です。
予想が見事に的中し、満開の桜の下お会いできましたら嬉しいです。
by toyo-kan | 2007-03-10 19:08 | 武雄のこと
第1回「季の会」報告
3月2日 第1回「季の会(KINOE)」を行いました。
弥生月は、五節句の中の「雛の節句」。もっとも古いお雛様の形「流し雛」をしつらえた雅な雰囲気の中、講師・中島紀代子先生(「室礼三千」九州主宰)による雛の節句のお話を聞いたあと、お客さまもそれぞれ「貝合せ」で見立てのお雛さまを作りました。しつらえの中の形や色、植物の名前や言葉にはそれぞれ深い意味があり、それらを季節感とともに盛り込むことが室礼であるというお話でした。最初はかしこまった面持ちの参加者も、お食事が始まる頃にはお雛さまのような晴れやかな表情になられ、なごやかなひとときとなりました。
f0040201_14123043.jpg
古くから私たち日本人は、季節折々の年中行事のなかに自然への感謝や祈りの気持ちをあらわしてまいりました。この「季の会」は、今ひとたびその心をひもとき、つなぎ、そして季節をたのしむ会です。今年の9月には「重陽の節句」ができるといいなと思っています。
by toyo-kan | 2007-03-06 14:18 | 東洋館のこと