佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
有明海苔ヌーボーの季節到来
海苔の一大生産地として有名な佐賀県有明海沿岸では、海苔の摘み取りシーズンを
迎えています。この一番海苔の中でも、通常は市場に出回ることのない摘みたて海苔
はな海苔 (名づけて ’有明海苔ヌーボー’ ) を、今年も南川副漁協の皆さんから
わけていただくことになりました。
f0040201_131939100.jpg
これは海の民(有明海を守る会)と山の民(佐賀県旅館組合青年部の山口さん)の交流から生まれた嬉しいタイアップです。はな海苔は明日30日、当館でお召し上がりいただきます。
by toyo-kan | 2007-11-29 13:43 | お料理のこと
一ノ瀬泰造写真展 『有田の匂い』
有田町歴史民俗資料館では、現在武雄市で行われている武雄出身の戦場カメラマン・一ノ瀬泰造写真展TAIZO展(12月9日まで、武雄市歴史資料館にて開催)と同時開催の企画展、一ノ瀬泰造写真展『有田の匂い』が行われています。
f0040201_1521576.jpg
泰造さんは、学生時代から有田の撮影を自らのライフワークとして取り組んでいました。戦場カメラマンとして活躍中、一時帰国の折にも有田の窯場、磁石場、古窯跡などの風景や、焼きもの職人、陶器市のにぎわい、人々の日常生活を撮影しています。昭和40年代の有田を写した約100点のモノクロ作品には、細やかな観察力と、人々を見守るあたたかい視線によって捉えられた、生き生きとした「有田の匂い」が感じられます。
f0040201_1561972.jpg
’戦地の人々’と’有田の人々’というまったく違う環境を撮影したものでありながら、
どちらの作品からも共通して感じられるのは、泰造写真特有の空気や視点です。
TAIZO展(12月9日まで期間延長)と比較してご覧になると、
                         一層楽しめるのではないでしょうか。
f0040201_1515019.jpg

一ノ瀬泰造写真展『有田の匂い』は、11月30日まで 月曜休館 観覧無料
有田町歴史民俗資料館の紅葉も見事に色づいています。
by toyo-kan | 2007-11-26 00:00 | 武雄周辺のこと
「TAIZO展」後期が始まりました。
一ノ瀬泰造写真展TAIZO展の後期が始まりました。
後期の作品は、戦場の生々しいすさまじさ、戦争の恐ろしさを伝える写真が多く見られます。その一方で、戦争のさなか、たくましく生きる子供たちの写真も多く、そのくったくのない笑顔が、戦場の悲惨さとは対照的です。
f0040201_3302127.jpg
初めて一ノ瀬泰造さんの写真に出会ったのは今から約7年前、今回展示の橋本文夫さんによるプリント作品でした。もちろん武雄出身の戦場カメラマン・一ノ瀬泰造さんの名前は知っていましたが、生の写真を見たのはそのときが初めて。あまりの力強さに圧倒されました。
会場の歴史資料館には、泰造さん愛用のブーツやヘルメットなどの遺品とともに、直筆の手紙なども展示されています。故郷・武雄での写真展のせいか、泰造さんの存在をとても強く、身近に、リアルに感じます。  TAIZO展は12月9日まで。 どうぞ、お見逃しなく。
by toyo-kan | 2007-11-21 00:00 | 武雄のこと
今が見ごろ!武雄の紅葉
暖かかった九州の今年の秋も、先週あたりからぐぐっと冷え込んでまいりました。
f0040201_17205795.jpg
それを待ちかねたかのように、周囲の木々が一気に色づきはじめました。
f0040201_17212974.jpg
武雄温泉楼門の後方「桜山」は、今一番美しい季節を迎えています。(当館のすぐ前)
f0040201_17215889.jpg
誰かが作ったこんなコーナーに、なんだかホッとしてしまいます。(当館より徒歩5分)
f0040201_18132533.jpg
向かいに見えるのは御船山、その麓には武雄領主の城がありました。
眼下には町並み、そして来年2月の新駅完成とともに開通する高架鉄道が見えます。
武雄の現在・過去・未来を見渡せる場所かもしれません。
f0040201_1722583.jpg
武雄市文化会館は、武雄領主・鍋島家の庭園だったところです。銀杏の黒々とした幹と黄色の葉のコントラストに、力強い生命力を感じます。(当館より徒歩10分)
f0040201_1723232.jpg
ここの紅葉は大きくて、木の下に入りこむと顔ももみじ色に染まります。
第28代領主・鍋島茂義(1800~1862)は、蘭学、医学、砲術など長崎から入ってきた西洋のものをいち早く取り入れた先見の人。茂義の時代、この紅葉の周囲は、たくさんの薬草を栽培していた「お薬園(おやくえん)」でした。
f0040201_1821894.jpg
そして、やはりはずせません。
武雄神社の大楠は、いつも行っても感動的な場所です。(当館より徒歩13分)
f0040201_17522645.jpg
運慶作の四天王像を奉る廣福寺の紅葉も見ごろを迎えています。(当館より徒歩3分)
渋滞も人ごみも気にしなくていい、武雄の紅葉は今が見ごろです。
by toyo-kan | 2007-11-19 18:37 | 武雄のこと
菊花絢爛
当館玄関に、武雄市・宮地隆治さん栽培の懸崖菊がお目見えしました。
f0040201_0183056.jpg
長さ2m50cm、幅1m30cm、圧倒的なスケールです。
この大きさのものを特に、「大懸崖」と呼ぶのだそうです。
「やはり、1年かけて育てるのですか」とお聞きすると、「1年半かかります」とのこと。
佐賀県内では現在、宮地さん以外にこの大懸崖を作られる人はいないそうです。
TAKEO写真展とあわせて、是非たくさんの方にご覧いただきたいですね。
by toyo-kan | 2007-11-08 00:20 | 東洋館のこと
TAIZO+TAKEO展
TAIZO+TAKEO展が開幕し、町の中いたるところに、たくさんの写真が展示されています。これらは、全国から寄せられた一般公募作品です。
f0040201_110824.jpg
最初の日曜、写真展を見に来られた貞包 勝さんは、今写真展に6~7点をご出品され、そのうち1点が見事「市長賞」をご受賞されました。日頃からお年寄りをモチーフに写真を撮られることが多いという貞包さんは、「最近は’おばあちゃん’がいる風景は、だんだん少なくなってきていますね」と、武雄温泉新館に入賞作品を見に行く途中、当館展示のご自身の作品の前でお話くださいました。ご入賞、本当におめでとうございます。
f0040201_1244465.jpg

TAIZO+TAKEO展開催期間中は、さまざまな関連イベントも行われています。
1日~4日には、コズミックシアター(大阪)による朗読劇「”フリーランサー”泰造と母」が、
TAIZO展会場やまちなか案内所がばいなどで行われました。
f0040201_1935119.jpg
武雄神社の大楠で行われた朗読劇では、若者らしい向こう見ずな好奇心とむきだしの野心、戦場で感じる絶望感や恐怖、フリーカメラマンとしての喜びと戸惑い、カンボジアの人々に向けられた愛情、そしてご両親との家族の絆が、一ノ瀬泰造さんと母・信子さんの言葉で
情感たっぷりに表現され、まるで泰造さんがそこにいるかのようでした。
f0040201_1484538.jpg
カンボジアの森の中の多くの遺跡は、長い年月をかけ木々の根に覆われ、そこに流れていた時間とともに封じ込められたかのように佇んでいたのを思いだし、樹齢3千年の大楠の下で、あたかも一ノ瀬泰造さんが生きていた時に連れ戻されたような気がいたしました。
f0040201_1431678.jpg
TAIZO展 前期・11月1日~14日 後期・11月16日~30日(15日は入替のため休館)  
TAIZO+TAKEO展開催中は、たくさんの関連イベントや市内飲食店での泰造さんも愛したベトナムやカンボジアの食も楽しみです。
お問い合わせ先・TAIZO+TAKEO実行委員会
        TEL:0954-23-7766  E-mail:taizotakeo_info@yahoo.co.jp
by toyo-kan | 2007-11-05 00:00 | 武雄のこと
時巡り温泉祭・湯のまえステージ
3日夜、時巡り温泉祭07’のプログラムのひとつ湯のまえステージが、当館ティールームを
会場に行われました。新聞などでこのコンサートを知ったたくさんのお客様が、
お約束通り手ぬぐいチケットを肩にお越しになられました。
f0040201_19313652.jpg
武雄出身のボーカリスト・光武尚美さんが、武雄の秋をイメージして選曲したジャズのスタンダードナンバーをじっくりと聴かせ、観客を魅了していました。
また天井には、現在武雄で開催中のTAIZO+TAKEO展にちなみ武雄の風景画像が映し出され、音楽とともに写真もお客様を楽しませていました。
f0040201_1932541.jpg
山内町はねうさぎさんがこの日のために特別に焼きあげた本格派ドイツパンと、イタリアンレストランsouRceさんがセレクトしたワインと生ハム・チーズ、本当においしかったです。
f0040201_19322040.jpg
晩秋の一夜、人・音・食がそろい、会場全体がいい空気に包まれていました。
武雄をゆっくり楽しむプログラム満載の 時巡り温泉祭 は、11月30日まで
by toyo-kan | 2007-11-04 00:00 | 武雄のこと
ただいま準備中
いよいよ明日から、TAIZO+TAKEO展が始まります。
町を歩けば、TAKEO展の写真がバンバン目に飛び込んできます。電気屋さん、洋服屋さん、靴屋さん、お茶屋さん、お菓子屋さん、床屋さん・・・こんな所にも、あんな所にも!?
f0040201_039582.jpg
もうすぐ日付が変わるこの時間、東洋館内では黙々と展示作業がとりおこなわれています。当館には、全国津々浦々からの出品作品91枚を展示いたします。     い、急がねば・・・
by toyo-kan | 2007-11-01 00:00 | 東洋館のこと