佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
さくらサク
東洋館の中庭のしだれ桜が満開です。
f0040201_15543134.jpg
1階、2階、3階のどの階からも見ることができるこの木は、この時期
お客様はもとより、仕事中の私たちの目をも十分に喜ばせてくれています。
by toyo-kan | 2008-03-31 00:00 | 東洋館のこと
桜山の一番桜
当館の前の桜山の桜が開花しました。
f0040201_1324065.jpg
子供時代、猿のように駆け回りかっこうの遊び場だった「桜山」は、季節ごとの木々の変化が美しい岩山です。蓬莱山とも桜山とも呼ばれていますが、桜の季節はもっとも美しいといえます。毎年、桜山で一番最初に開花する木が花開きました。
f0040201_1325741.jpg
これから1週間のうちに、山は一気に桜色に染まります。
by toyo-kan | 2008-03-25 00:00 | 武雄のこと
日韓陶芸交流
武雄と韓国の陶芸家たちの交流作品展とフォーラムが開催されます。
f0040201_16472898.jpg
そもそも武雄の焼き物の歴史は、約400年前に朝鮮半島から連れこられた陶工たちが、武雄市武内地区で作陶活動を創めたのが発端で、以来、伝統の技に新しい息吹きを吹き込みながら発展してきました。第3回目の今回は、韓国伝統陶磁器の重心的窯業地である文慶より、人間国宝、朝鮮窯7代・金正玉先生の後継者でもある朝鮮窯8代・金栄植さんを迎え、朝鮮磁器の美と技と伝統的な茶陶の世界をご披露いたします。
また20日のフォーラムでは、九州陶磁文化館学芸員の鈴田由紀夫さんの基調講演と、金栄植さん、武雄の井上浩一(規窯)さんを交えての討論会も行われ、韓国の陶芸と武雄の陶芸の現在・過去・未来を語り合います。
日韓陶芸交流展  (両国の作家20名の作品約150点を展示)
    日 時 ・ 3月17日~3月23日 10~17時
    場 所 ・ 武雄温泉ハイツ(当館より車7分)  入場 ・ 無料
日韓交流陶芸フォーラム  (基調講演と討論会)
    日 時 ・ 3月20日 15~17時  
    講 演 ・ 「日本人の心をとらえた韓国の焼き物」鈴田由紀夫さん 
    場 所 ・ 武雄温泉ハイツ  入場・無料 
by toyo-kan | 2008-03-17 00:00 | 武雄のこと
東 勝吉 作品展
東勝吉展が、武雄市歴史資料館で明日3月9日より始まります。
f0040201_1464577.jpg
由布院の樵だった東さんが初めて絵筆を執ったのは、83才の時。以来、絵を描くことにとりつかれた東さんは、昨年99年の生涯を閉じられるまで、約107点の作品を残されました。
純粋な心で、無心に描かれた由布院の風景作品はどれも力強く、ぐっと惹きつけられます。
今回の作品展は、由布院・杖立・武雄の三つの温泉地で昨年より交流が始まっている九州三湯物語がきっかけで、由布院アートストックのご協力と、ドキュメンタリー映画「99」に感動した武雄の若者の熱意で実現しました。東さんが晩年を過ごした由布院の温水園(ぬくみえん)に常設展示されている作品のうち、約30点が展示されます。ぜひともご覧ください。
f0040201_1523999.jpg
また、東さんの最晩年の半年間をフィルムにおさめた、由布院発ドキュメンタリー映画「99」
上映会と、監督のトーク&ライブも行われます。こちらも楽しみです。

東勝吉展覧会
日   時 ・ 3月9日~16日  10:00~17:00 (月曜休館、最終日は15時まで)
場   所 ・ 武雄市歴史資料館 (当館より徒歩15分) 
入   場 ・ 無料
「99」上映/武雄+由布院 交流LIVE
日   時 ・ 3月15日(土)  19:00~21:30
場   所 ・ ライブハウス INPUT (当館より車5分)
参 加 料 ・ 前売1000円、当日1300円 *ワンドリンク付
お問合せ先 ・ 0954-27-8220 ナカノデザイン企画(担当・中野さん)
by toyo-kan | 2008-03-08 00:00 | 武雄のこと
チャリティ茶会 ひなの会
3月6日、チャリティー茶会「ひなの会」が、当館にて行われました。
f0040201_0451145.jpg
茶席では、ふたつの茶碗を合わせ「笑」と見立てた、竹の絵と犬の絵の茶碗が出されたり、みんなで仲睦まじく手をとりあい、平和の輪を広げたいという思いの「三閑人」の蓋置きが用いられていたり、さまざまな趣向を凝らした見事な道具の取り合わせが、お客様を楽しませていました。
f0040201_1142224.jpg
またお食事会場には、年中行事の意味をひもとき、「流し雛」がしつらえられ、雅やかな雰囲気に、集まられた約200人の方々のお顔も華やいでいました。
by toyo-kan | 2008-03-06 00:00 | 東洋館のこと
ひなまつり
武雄温泉通りに春の訪れを告げる、小さなイベント人形まつりが行われています。
f0040201_445208.jpg
東洋館では、福岡伊佐美さん(佐賀市)の鍋島小紋の雛人形を展示しています。鍋島小紋は佐賀鍋島藩の武士にのみ着用が許されていた藩の留柄で、その文様は胡麻殻を図案化したものといわれています。佐賀らしい人形を作りたいと願っていた福岡伊佐美さんによって鍋島小紋は復元され、人形の着物として現代に甦りました。上品な小紋柄と絶妙な色あわせによる格調高いお人形をご覧ください。
f0040201_4454746.jpg
福岡伊佐美さんの鍋島小紋の人形は、現在佐賀市で行われている佐賀城下ひなまつり(3月31日まで)で、メイン会場・旧古賀家の大広間を飾っています。毎年そのディスプレイも話題になる見ごたえあるイベントです。ぜひこちらへもお出かけください。(当館より車60分)
f0040201_4525490.jpg
また読書室には、野田幸子さん(武雄市)の創作人形を展示しております。野田さんの創作姿勢が伝わってくる繊細で、ニュアンスある人形たちは、世界にたった一つ。とにかく見事です。こちらも、じっくりとご覧いただければと思っております。  

期間中限定ひなご膳(2100円)もご好評頂いております。人形まつりは、3月9日まで。
by toyo-kan | 2008-03-03 00:00 | 東洋館のこと