佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
古唐津と篤姫
有田の九州陶磁文化館では、特別企画展「土の美 古唐津」が開催されています。
f0040201_2155075.jpg
1580年代から19世紀までの古い唐津焼を体系的に紹介する今展の展示物のうち、約4割が武雄周辺で焼かれた陶器です。このことは唐津焼の変遷の歴史のなかで、武雄のやきものが果たした役割の大きさを示していると学芸員の方が説明してくださいました。
有田を中心とした磁器の生産に伴い、初期唐津(絵唐津)が衰退する一方で、1600年代初頭の武雄周辺の窯場では、三島や二彩唐津といった陶器の生産が始まります。
それらは、磁器では表現することができない陶器の特性をいかした大胆な技法をもちいた、大らかで斬新なものばかりです。現在の武雄のやきものの特徴のひとつでもある”多様性”の原点ともいえる、先人陶工たちの豊かな創造力を見ることができる展覧会です。
土の美 古唐津 -肥前陶器のすべてー は11月9日(日)まで
佐賀県立九州陶磁文化館(当館~有田はJR18分) 9:00~17:00 観覧料・大人620円
f0040201_216882.jpg
そして武雄では、篤姫展の文字が青空にはためいています。
この秋 武雄では、NHK大河ドラマ篤姫展が開催されます。日本が鎖国していた時代、長崎の警護役を務めていた第28代武雄領主・鍋島茂義公(1800~1862)は、いち早く蘭学を取り入れ、領内で西洋式砲術や種痘の接種、火薬の製造などさまざまな分野で、時に佐賀本藩に先んじて研究開発を行いました。琉球を支配下におく薩摩もまた軍備の面で蘭学を学ぶ必要があり、両藩の間には交流があったというわけです。
NHK大河ドラマで使用の篤姫の衣装や小道具などの展示とともに、開国前夜、すでに外の世界に目を向け、新しい知識や技術を導入した武雄領主のパイオニア精神を感じ取っていただければと思います。 篤姫展は、11月1日~14日(期間内無休) 
武雄市図書館・歴史資料館(当館より徒歩13分)9:00~17:00 入場無料

by toyo-kan | 2008-10-30 00:00 | 武雄周辺のこと
黒髪神社の流鏑馬
今日10月29日は、武雄市山内町黒髪神社にて流鏑馬が奉納されました。
f0040201_003181.jpg
23日の武雄神社の流鏑馬が822年の歴史を誇り、ここ黒髪神社の流鏑馬の始まりは1154年にさかのぼるといわれますますので、850年以上続く伝統ということになります。
いずれにしても、市内二ヶ所で迫力ある流鏑馬を見ることができるのは、大変珍しく、贅沢なことだと思います。武雄神社の流鏑馬は、凛とした緊迫感が感じられ、黒髪神社の流鏑馬は、神聖ななかにも、どこか人情味あふれる村の祭り情緒が感じられます。
武雄の流鏑馬は、来年もまた10月23日29日です。どうぞお忘れなく。

by toyo-kan | 2008-10-29 00:00 | 武雄のこと
武雄の流鏑馬
今日10月23日勇壮華麗な流鏑馬が無事、武雄神社に奉納されました。武雄の流鏑馬には元競走馬を用いるため、ダイナミックな走りでスピード感があります。
f0040201_18272579.jpg
ここ数年は射手、馬ともに地元で育成されています。見事的に当たった時には会場から歓声と大きな拍手がわきおこり、残念ながら外れたときには一斉に「あぁ~っ」とため息がもれ、射手と観客が一体となりこの一瞬一瞬にかける、熱い想いが伝わってきます。昨年までポニーに騎乗していた少年も今年は中学生になり、大きな馬で堂々の射手をつとめました。
f0040201_18292786.jpg
昨夜は雨のなか綱引き、エイトー行列が行われ、今日は今にも雨粒が落ちてきそうな曇天でしたが、最後まで降られることもなく、武雄の流鏑馬名物白鷺の舞も見事に披露されました。
f0040201_1830414.jpg
来週10月29日(水)14:30~ 武雄市山内町黒髪神社にて流鏑馬が奉納されます。
こちらもぜひお出かけください。

by toyo-kan | 2008-10-23 00:00 | 武雄のこと
れもん草和紅茶
武雄の新しい特産品であるハーブの一種レモングラスをブレンドした紅茶ができました。
その名は
f0040201_225440.jpg
武雄市西川登の製茶園松尾で生産された和紅茶(日本産紅茶)と武雄育ちレモングラスを茶師・松尾圭司さんがブレンドしました。 和紅茶特有のやわらかい風味に、
武雄そだちのレモングラスのさわやかな香りがひきたちます。
f0040201_2130120.jpg
当館オリジナルレーベルれもん草和紅茶には、よりおいしく入れていただくための
手書きレシピを添えております。 紅茶が大好きな私どもがおすすめする武雄産紅茶を、
ぜひ一度ご賞味ください。 50g 650円
染色家・緒方義彦さんのレモングラスイエローもご覧ください

by toyo-kan | 2008-10-18 00:00 | 武雄のこと
いい香りしています
武雄では昨年よりレモングラスの栽培が盛んに行われています。レモングラスは、イネ科の植物でハーブの一種です。先週、PR用のレモングラスの生葉をたくさんいただきましたので、何気なく刻んで、乾燥させてみました。
f0040201_3513033.jpg
フレッシュな生葉だったからでしょうか、レモンのような香りがしっかりしています。あまりにもいい香りだったので、ポプリのようなものを作ってしまいました。出来上がった分だけですが、この手作りポプリは、お客様に差し上げることにしました。
f0040201_351496.jpg
しかしなぜいつも、よりによって忙しい時期に、こういう単純な手作業に没頭したくなるのでしょうか。周囲はあきれつつも、「フードプロセッサ使ったら?」とか「カタカナの方がいいと思う」など、アドバイスしてくれるのがありがたいです。
武雄育ちレモングラスの匂いを胸いっぱい吸い込んだ一日でした。

by toyo-kan | 2008-10-12 00:00 | 武雄のこと
和服が似合う町
楼門からまっすぐ南にのびる約500mほどの温泉通りで、11日夜名月バンコまつりがありました。通りには、ススキやコスモスが活けられ、懐かしの写真展やソーラン、エイサー、
ダンス、音楽、面浮立など様々なパフォーマンスで、秋の夜長をのんびりと楽しみました。
f0040201_2583681.jpg
通り中ほど陶芸サークルつれづれの前に並んだサークルの方々の作品の灯籠の灯りは、今宵のまつり情緒にぴったりでした。   また温泉のある通りならではの光景ですが、旅館のお客様の浴衣姿や、茶席の女性たちの着物姿がしっとりと町になじんでいました。
f0040201_2593257.jpg
さてこの秋、とことん和にこだわり「和服大歓迎」というイベントが、武雄温泉通りの旅館・京都屋さんで行われます。BATI・HOLICと和宴会(10月31日) は、京都を中心に世界的に活躍しているエネルギッシュな和太鼓+和食+和酒+温泉=和宴会!?   とにかく
なんだか楽しそうです。お申込はお早めに。詳しくはコテラをご覧ください。

by toyo-kan | 2008-10-11 00:00 | 武雄のこと
秋の有田陶磁器まつり
有田の町が色づく頃、秋の有田陶磁器まつり(11月22日~26日)が開催されます。
f0040201_2248475.jpg
焼き物を見る楽しみにくわえ、名物ごどうふ煮ごみ有田鶏をつかった郷土料理をはじめ、地野菜のカレーなど食の楽しみも充実。焼き物の特別企画展もいたるところであっており、町を歩いているだけで、物つくりの町・有田の奥行きの深さに魅了されます。
f0040201_22492659.jpg
また期間中は、泉山弁財天の樹齢1000年の大公孫樹(国天然記念物)と、有田町歴史民俗資料館の紅葉がライトアップされます。高さ40mの大公孫樹のライトアップは想像を超えるスケールでしょうし、顔まで紅葉色に染まる有田町歴史民俗資料館のライトアップは、息を呑むすばらしさだと思います。今年はぜひ、夕暮れの有田も楽しみたいものです。
有田~武雄はJR15分、車20分   秋の有田陶磁器まつりのくわしい情報はコチラ

by toyo-kan | 2008-10-10 00:00 | 武雄周辺のこと
武雄の秋
収穫の季節を迎えました。そして武雄のお供日・流鏑馬の奉納祭が近づいてまいりました。
822年の伝統を守る、勇壮にして華麗な流鏑馬は一見の価値があります。
f0040201_19133432.jpg
武雄神社(武雄町) 流鏑馬奉納 10月23日(木) 午後14時頃
黒髪神社(山内町) 流鏑馬奉納 10月29日(水)
               馬も人も心おどる、武雄の秋祭りにぜひお越しください

by toyo-kan | 2008-10-07 00:00 | 武雄のこと
ハーモニー
染織作家・緒方義彦さんの新しい草木染タペストリーが届きました。
f0040201_1848111.jpg
色と色が交じりあうとき、光と色が重なりあうとき、天と地がつながるとき、
そこには不思議な力が生まれます。  そんな気がする素敵な展示になりました。

by toyo-kan | 2008-10-05 00:00 | 東洋館のこと
色の不思議
f0040201_20474840.jpg
      梅、楊梅皮(やまもも)、茜、梅の樹苔          染・緒方義彦さん
by toyo-kan | 2008-10-05 00:00 | 東洋館のこと