佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
柄崎太鼓 街の賑わいコンサート
今年もまた あの柄崎太鼓が、夏の夜空にとどろきます。
     2011年8月27日(土)19:00~ さぎの森公園(当館より徒歩3分)
f0040201_234228100.jpg
年輪の大きな木と若い動物の皮から作られる太鼓。
以前、メンバーの一人から聞いた言葉が今も忘れられません。
     「それらの魂を呼び起こすような、そんな太鼓を叩きたい」

大震災のあった今年、ひときわその想いを込めた太鼓を聴かせてくれることでしょう。

by toyo-kan | 2011-08-22 23:47 | 武雄のこと
金子認 作陶五十周年記念展
武雄市武内町多々良地区の多々良焼窯元・金子窯の金子認さんによる作陶50周年記念展が開催されています。金子窯伝統の技”叩き”の作品が作陶年代順に展示され、金子さんの作陶の変遷を見ることができます。「叩き灰釉盤」(昭和44年 第19回佐賀県展初入選作)は、金子さんが美術作品に取組むきっかけとなった作品でもありますが、端整な形の美しさの中に、甕本来の力強さが見られ、とても新鮮な印象でした。

多々良地区では江戸中期頃より”叩き”技法を用いて大きな甕が盛んに生産されていました。やがて甕の需要が減少するに伴い、多々良地区の窯元も、また”叩き”の担い手も少なくなりました。当時、武雄で生産された甕は西日本を中心に全国、国外にも分布していますが、現在も薩摩焼酎の蔵元や染色の藍甕として重用されています。

つい先頃、金子認さんの叩き技法を見せていただく機会に恵まれました。全身で土に取組む姿は迫力に満ち、そこにいた誰もが固唾を呑んで大甕が形成されるのを見守りました。
金子窯の伝統技法”叩き”は昭和48年、文化庁無形文化財技術記録に認定されています。
f0040201_1525961.jpg

金子認 作陶五十周年記念展
2011年8月13日(土)~8月28日(日) 〔休館日 8月15日・18日〕
9:00~17:00 観覧無料
武雄市図書館・歴史資料館 企画展示室 (当館より徒歩20分)
ギャラリートーク  8月20日(土)・21日(日) 14:00~ 

by toyo-kan | 2011-08-14 02:15 | 武雄のこと