佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2019年 08月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Talking about 「有田陶器市」
第103回有田陶器市は連日の晴天に恵まれ、4月29日~5月5日までの期間中の人出は112万人と発表されました。これは、2003年の第100回に次ぐ記録ということです。約100年前、焼き物の見本市として始まった有田陶器市も、いまやゴールデンウィークのイベントとして、すっかり全国的に有名になりました。
大量生産時代、高級美術品が売れたバブル期を経て、有田陶器市にも変化が感じられます。洒落たディスプレーの食卓演出、器もそのままお持ち帰りできる朝粥の提供、ラーメンをおいしく食べるための「究極のラーメン鉢」、焼酎の味や香りを追求した「焼酎グラス」の共同開発、名物「ごどうふ」など有田の食もアピール。単なるモノではなく、「食」をおいしく豊かにする器をつくっていこうとする姿勢が見られます。陶器市を訪れる人もまた、昔のようにとにかくたくさん買い込むのではなく、気に入ったものを自分のために買う、あるいは陶器市の雰囲気を楽しむといった感じがします。
もちろん私たちも毎年行きますが今年は、静かに音楽が流れる感じのいいサロンで、有田の美しい自然をながめながらお茶をいただき、古伊万里や現代作品を見ることができる素敵なお店でしばしくつろぎました。こんな陶器市の楽しみ方もあったのですね。焼物との心地よい時を過ごすことができるのも、有田の歴史や伝統の技という、しっかりとした基盤があるからではないでしょうか。
f0040201_30305.jpg

この期間、当館にご宿泊されるお客様の約90%は陶器市がお目当てで、「われもの」の宅急便を扱わない日はないほどです。鉄道唱歌に歌われた駅を旅するテレQの番組(4~5月放映)で、武雄温泉と有田が紹介されましたが、明治33年に作られた鉄道唱歌に♪疲れて浴びる武雄の湯 土産にするは有田焼♪ と歌われています。こればかりは、昔も今も変らないようです。(テレビを見ました、とのお電話多数いただきありがとうございました。)
by toyo-kan | 2006-05-09 03:18 | 武雄周辺のこと
<< 「北川重春 没後25年展」のお知らせ おすすめリンク 「志田焼資料館」 >>