佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2022年 04月
2022年 03月
2021年 08月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 01月
2020年 09月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 08月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
職人気質
当館売店で明治時代の器をお買い上げになれたお客様から、木箱に入れて欲しいとご要望がございました。武雄市武内にある大宅木箱さんに、サイズと様式を伝えお願いしたところ、翌日には、気持ちがいいくらい大きさもピッタリの、見事な桐の木箱が出来上がってきました。たとえ1つであっても注文に応え、希望のものをきっちり作る姿勢に、大量生産・使い捨て時代に忘れかけていた、日本本来のモノ作りの姿を見ました。
焼物も使っていくうちに欠損してしまいますが、数が少なくても追加製作してくれるところも多く、好きなものは補充しながら、ずっと大切に使うことができます。身近にある焼物産業とその関連産業が、永年培ってきた底力を誇らしく思います。
職人気質_f0040201_1125999.jpg

ただ今、武雄市内ではテレビドラマ「佐賀のがばいばあちゃん」(フジテレビ系、2007年1月放送予定)の撮影が行われています。俳優、スタッフの方々は何軒かの宿泊施設に分宿されています。当館も1人の役者の方がお泊りでしたが、撮影にでかけられるときの引き締まった表情や、身にまとう緊迫した空気は、仕事を終えられお戻りになった時の雰囲気とはまったく違うものでした。仕事に臨まれる集中度の高さと、プロ根性を垣間見ることができました。
職種は違っても、見事な「職人気質」を感じさせる人との出会いでした。
by toyo-kan | 2006-09-15 03:28 | 武雄のこと
<< 窯元展のお知らせ 時巡り温泉祭「料理と器と窯元めぐり」 >>