佐賀県武雄温泉・東洋館からのお知らせブログです
by toyo-kan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
武雄のこと
東洋館のこと
温泉のこと
お料理のこと
武雄周辺のこと
オススメやきものリンク集
以前の記事
2019年 08月
2019年 03月
2019年 02月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 05月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
武雄市のいきいき商店街!!
染色日記 『いろのいのち』
まちなか『がばい』日記
武雄よかとこブログ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:武雄周辺のこと( 42 )
有田 ~歩いて楽しい焼き物の町~
2009年9月12日付の日経 プラス1 「歩いて楽しい焼き物の町」 ランキングで
堂々の第1位に佐賀県有田が選ばれました。
その有田町でこの秋開催される焼き物の企画展を2つご案内いたします。
f0040201_17112915.jpg
佐賀県立九州陶磁文化館では開館三十周年プレイベントとして
『私が選んだ九陶のやきもの』が開催されます。
九州陶磁文化館、通称「九陶」が30年間に収集したコレクションの中から、
来館者や焼き物ファンが選んだ人気作116点を展示いたします。また江上栄子さん
クニエダヤスエさん、伊藤緋紗子さんら著名人が選んだ作品も展示されます。
展示総数は220点。さて、あなたのお気に入りも入っているでしょうか!? 
     2009年9月18日-10月25日  観覧無料  9時~17時 
     休館日は9月28日、10月5日、19日

今右衛門古陶磁美術館では秋の特別企画展『描かれた白』を開催いたします。
白い生地は有田磁器の特徴ですが、今回の企画展では、「背景としての白」ではなく
「文様としての白」という視点で古陶磁を鑑賞していただきます。
     2009年9月17日-12月13日 観覧500円(小中高生は無料) 9:30~16:30 
     月曜休館(但、月曜祝日は翌日休館、9月21日~24日は開館)

日経プラス1で有田が1位に選ばれた理由は「日本一の窯場で、買い物、観光、体験
すべての面で充実」「伝統だけでなく、若い力の成長がすがすがしい」という評価でした。
たしかに・・・行くたびに新たな発見がある、有田はそんな町です。
武雄温泉から有田へはJRまたは車で15~20分。

by toyo-kan | 2009-09-14 17:30 | 武雄周辺のこと
青木龍山 回顧展
佐賀県立九州陶磁文化館(有田町)で 青木龍山 回顧展 が始まりました。
f0040201_1515121.jpg

昨年4月に惜しくもご逝去されました、日本芸術院会員・青木龍山さんの
昭和30年代の初期作から平成19年の最晩年作まで、114点が一堂に展示されています。

龍山さんの作品をこれほど多数、系統だって見ることは、
隣まちに住むものにとってもはじめてのことです。
初期の自由で力強く、大らかな作風は歳を経てなお衰えることなく、
生涯を「土と炎に打ち込んで」こられた龍山さんの姿勢に強く心打たれました。

どうぞ、この機会をお見逃しなくお出かけください。

青木龍山回顧展 
2009年6月19日(金)~7月20日(月) 9時~17時 
月曜休館(7月20日は開館) 観覧無料
佐賀県立九州陶磁文化館へは、当館からJR18分、車20分。

by toyo-kan | 2009-06-19 00:00 | 武雄周辺のこと
有田陶器市の季節です
f0040201_1004099.jpg
第106回 有田陶器市が、4月29日(祝・水)~5月5日(祝・火) 開催されます。

毎年100万人以上が来場する陶磁器の一大市ですが、
今年はETC割引が開始されたこともあり、駐車場をさらに増大して準備をすすめています。

例年のことですが、当館の予約状況から見て、穴場は断然 前半。
また上有田駅、有田駅に停車するJR臨時列車有田陶器市号も出ますので、
武雄温泉からJRを使うと、渋滞や混雑を気にせず移動することができ便利です。

有田陶器市への心構えに、
現地レポートも楽しい陶器市の達人うまか陶のページや主催者・有田商工会議所の
第106回有田陶器市マップ(PDFファイル)もぜひご覧ください。

武雄温泉では、宿泊施設をギャラリーにまちなか陶芸祭を開催中。
宿に着いてからも陶磁器三昧です。

by toyo-kan | 2009-04-17 00:00 | 武雄周辺のこと
古唐津と篤姫
有田の九州陶磁文化館では、特別企画展「土の美 古唐津」が開催されています。
f0040201_2155075.jpg
1580年代から19世紀までの古い唐津焼を体系的に紹介する今展の展示物のうち、約4割が武雄周辺で焼かれた陶器です。このことは唐津焼の変遷の歴史のなかで、武雄のやきものが果たした役割の大きさを示していると学芸員の方が説明してくださいました。
有田を中心とした磁器の生産に伴い、初期唐津(絵唐津)が衰退する一方で、1600年代初頭の武雄周辺の窯場では、三島や二彩唐津といった陶器の生産が始まります。
それらは、磁器では表現することができない陶器の特性をいかした大胆な技法をもちいた、大らかで斬新なものばかりです。現在の武雄のやきものの特徴のひとつでもある”多様性”の原点ともいえる、先人陶工たちの豊かな創造力を見ることができる展覧会です。
土の美 古唐津 -肥前陶器のすべてー は11月9日(日)まで
佐賀県立九州陶磁文化館(当館~有田はJR18分) 9:00~17:00 観覧料・大人620円
f0040201_216882.jpg
そして武雄では、篤姫展の文字が青空にはためいています。
この秋 武雄では、NHK大河ドラマ篤姫展が開催されます。日本が鎖国していた時代、長崎の警護役を務めていた第28代武雄領主・鍋島茂義公(1800~1862)は、いち早く蘭学を取り入れ、領内で西洋式砲術や種痘の接種、火薬の製造などさまざまな分野で、時に佐賀本藩に先んじて研究開発を行いました。琉球を支配下におく薩摩もまた軍備の面で蘭学を学ぶ必要があり、両藩の間には交流があったというわけです。
NHK大河ドラマで使用の篤姫の衣装や小道具などの展示とともに、開国前夜、すでに外の世界に目を向け、新しい知識や技術を導入した武雄領主のパイオニア精神を感じ取っていただければと思います。 篤姫展は、11月1日~14日(期間内無休) 
武雄市図書館・歴史資料館(当館より徒歩13分)9:00~17:00 入場無料

by toyo-kan | 2008-10-30 00:00 | 武雄周辺のこと
秋の有田陶磁器まつり
有田の町が色づく頃、秋の有田陶磁器まつり(11月22日~26日)が開催されます。
f0040201_2248475.jpg
焼き物を見る楽しみにくわえ、名物ごどうふ煮ごみ有田鶏をつかった郷土料理をはじめ、地野菜のカレーなど食の楽しみも充実。焼き物の特別企画展もいたるところであっており、町を歩いているだけで、物つくりの町・有田の奥行きの深さに魅了されます。
f0040201_22492659.jpg
また期間中は、泉山弁財天の樹齢1000年の大公孫樹(国天然記念物)と、有田町歴史民俗資料館の紅葉がライトアップされます。高さ40mの大公孫樹のライトアップは想像を超えるスケールでしょうし、顔まで紅葉色に染まる有田町歴史民俗資料館のライトアップは、息を呑むすばらしさだと思います。今年はぜひ、夕暮れの有田も楽しみたいものです。
有田~武雄はJR15分、車20分   秋の有田陶磁器まつりのくわしい情報はコチラ

by toyo-kan | 2008-10-10 00:00 | 武雄周辺のこと
秋の焼き物企画展
一般的には唐津焼という名称で知られる陶器と、色鍋島古伊万里として知られる磁器、そのどちらもがこの佐賀県内で生産されていました。
肥前陶器の多様な様式と装飾技術、江戸期の色鍋島の普遍的な究極の美の世界、
佐賀の古陶磁の歴史、魅力にふれる2つの企画展を、どうぞお見逃しなく。
f0040201_1540113.jpg
土の美 古唐津-肥前陶器のすべて-  
佐賀県立九州陶磁文化館 
観覧料・大人620円、高校生以下は無料
平成20年9月27日~11月9日(会期中無休) 9:00~17:00

五寸皿にみる色鍋島

今右衛門古陶磁美術館
観覧料・大人500円、高校生以下は無料
平成20年9月11日~12月14日(月曜休館、月曜が祝日の際は翌日休館) 9:30~16:30

by toyo-kan | 2008-09-08 00:00 | 武雄周辺のこと
ちょっと足をのばして’杖立温泉’
杖立温泉は、川をはさんだ両側の山沿いにびっしりと張り付いた家々と、
その間を走る迷路のような路地の風情がたまらなく魅力的な温泉郷です。

f0040201_221915.jpg
杖立の景色にすっぽりと調和しているなつかしい感じのこの建物は、
昭和50年代後半まで使われていた小学校で、現在も集会場として使われています。
f0040201_22192450.jpg
窓から見える校庭や廊下からは、今にも子供たちの声が聞こえてきそうです。
f0040201_22195057.jpg
さてなぜ杖立なのかというと、杖立・由布院・武雄の三つの温泉地では、九州三湯物語という活動が始まろうとしています。お客様に喜んでいただけるような物語を紡いでゆきたいです。
by toyo-kan | 2008-09-02 00:00 | 武雄周辺のこと
九県合同骨董祭
たくさんの骨董屋さんが軒を連ねる骨董祭が、福岡で開催されます。普段は敷居が高くて入りづらい感じの骨董屋さんも、こういうときには覗きやすいですね。  
9月27日(土)早朝~PM22:00  9月28日(日)早朝~PM18:00  詳しくは、
コチラ
博多-武雄温泉はJR特急みどり60分。4枚切符8000円(2枚切符4200円)がお徳です。
f0040201_15491745.jpg
さてよ~く見ると、このポスターには武雄温泉の楼門が描かれています。数年前には、
武雄温泉通りでもこの骨董祭が行われ、掘り出し物を探して多くの人で賑わいました。

by toyo-kan | 2008-08-26 00:00 | 武雄周辺のこと
ちょっと足をのばして’外海’
静かなブームになろうとしているのが、長崎県内に数多く残るキリシタンの里をめぐる旅です。武雄から車で約2時間の外海(そとめ)は、今もキリシタンの歴史が深く刻まれる場所です。
遠藤周作文学館から見える海は、「沈黙」の舞台でもあり、そのはるか向こうはポルトガル。
f0040201_23433141.jpg
この海を見ながら、宣教師たちは何を思ったのでしょう
f0040201_2345548.jpg
坂の上にひっそりと佇むド・ロ神父が設計した素朴な石組みの大野教会は、ここだけ時が止まったよう。出津教会や黒崎教会などはどれも外海の人々の信仰の深さを感じます。ド・ロ神父が人々のために造った救助院(国指定文化財)などもぜひ訪れてみてください。
f0040201_23453883.jpg
近所の人が作った素敵なテラスもあり、一日のんびり過ごしたい場所です。

佐世保の西海パールシーリゾートでは、カトリック教徒の島・黒島を
ジャンボタクシーで巡るガイド付ツアー黒島めぐるを催行しています。くわしくは
コチラ
by toyo-kan | 2008-08-10 00:00 | 武雄周辺のこと
九州陶磁文化館
5月から7月にかけ、外国からのお客様が続きました。アメリカ、ドイツ、スイス、台湾、中国、韓国、香港、オーストラリアからはビジネスのお客様。武雄は交通の便がよいこともあり、多くの優良企業がありますが、近年は海外からのお客様も増えています。短い時間ながら、
温泉、和室、布団、靴を脱ぐ習慣といった異文化を楽しんでいらっしゃるようです。
f0040201_22594769.jpg
また焼き物のまち・有田が目的のお客様も多く見られます。最近来られたのは、ドイツ人のおじい様とデザイナーのお孫様、ハワイ日系2世、3世、4世のご家族です。ハワイの方々は、佐賀県立九州陶磁文化館を訪れ、陶器と磁器の違いや肥前の焼き物の歴史を興味深くご覧になり、また柴田コレクションのすばらしさに感動されていました。柿右衛門窯では、伝統的な赤絵の柿の図柄をご覧になられ、柿右衛門の名前と赤絵はどちらが先だったのかという疑問に、初代喜三右衛門が赤絵に成功した褒美に、藩主より「柿右衛門」の名を貰われたのだという説明をお聞きになり、「とても心に残った」と大満足のご様子でした。
f0040201_230414.jpg
私たち近くに住む者にとっても、有田は行くたびに新しい発見がある町です。
有田の夏のイベント情報は
コチラ (武雄~有田 JR20分または車20分)
藩窯・伊万里大川内山の夏のイベント情報は
コチラ (武雄~大川内山 車30分)
by toyo-kan | 2008-07-12 00:00 | 武雄周辺のこと